不動産仲介|不動産の売買、仲介から建物内外装、リフォーム、水道管工事まで総合的にサポート致します。お気軽に株式会社マルトミサービスまでお問い合わせください。横浜市鶴見を拠点に投資用アパート、マンションの購入、融資相談、空室対策、リフォーム、売却まで豊富な知識と情報量でお客様の不動産投資を総合的にサポート致します。

株式会社 マルトミサービス
売買・仲介
不動産仲介
1.取得
納得のいく物件の購入
不動産投資は年単位での長期的な投資になります。
既に不動産をお持ちの方も、初めての方も、出来るだけ多くの物件に触れていただき、比較検討の上、納得のいく物件を取得いただきたく思います。
また、融資利用をご検討中の方々には安全に進めていただく上で「融資」についてのご理解をより深めていただけたらと思っております。弊社で実際に行った取引を下記簡単に3つに分類させていただきました。
あくまで弊社での実例になります。

納得のいく物件の購入

【〜1,000万程度  利回10%〜15%程度】


お手元の現金のみで取り組む、築古ガラボロ物件・空き家再生投資。
借地権や再建築不可物件も含まれます。高利回物件になります。
リフォームをうまく活用する事で、空室改善・賃料アップができる場合があり、費用対効果を高められる事もございます。弊社実績多数あり。

【1,000万〜5,000万程度 利回8〜12%程度】


4〜8世帯木造、高利回物件多数。お取引が最も多い価格帯です。 
物件価格の半分程度の自己資金を投入、築20年以上経過、比較的高利回物件を取得される方が多いです。
市場における物件の選択枝が非常に多く、物件毎にその内容が大きく異なりますので物件選定、目利きがとても重要になります。その物件が売却に出されている理由をよく考慮していただく必要があるかと思います。
融資条件は比較的厳しくなります。高金利または期間短縮、現金、別途不動産担保が必要になる場合が多くございます。

【5,000万〜3億】


築浅、新築木造、23区内レジデンスなど購入する場合は金額も大きくなりますが、築浅・新築の場合には金融機関からの融資は付きやすくなります。
オーナー様の希望する融資条件が出る事も多く、金融機関と長期的かつ総合的な取り組みになる事が多いです。長期のアパート経営に向いております。
7,000万前後から15,000万程度
●東京都下、都内近郊(横浜、川崎エリア)築浅 新築
高収益が実現できたケースあり。
金融機関の評価によるが頭金が少なく済むケースが多数あり。

2億〜3億程度 大型RC
●駅近大型RCレジデンス
収益性よりも土地の資産価値を優先したい。
相続対策等を理由に現金を不動産に換えたい方や法人での所有などが主になります。
大幅なレバレッジには向いておりません。
以上、簡単に大きく分類させていただきましたがあくまでご参考程度にご理解ください。

資産運用、節税の為、投資家様それぞれ目的・方法が大きく異なります。
弊社は投資家様皆様の方針やお考えを都度頂戴しながら個別にご提案をさせていただいております。
まずは一件でも多くの物件情報に触れていただけたらと思います。

健美家

当社の物件が掲載されております。以下URLより、ご覧ください。
https://www.kenbiya.com/kaisha/marutomi/

楽待

当社の物件が掲載されております。以下URLより、ご覧ください。
https://www.rakumachi.jp/property/realtor/adSN3oahZPY%253D
2.経営・管理
効果のある賃貸管理
取得した物件を最大限に生かすためには経営が重要になります。
オーナー様皆様置かれているお立場が異なりますのでその方に合った方法をご提案させていただいております。

実際にいただいたご相談内容を4つにまとめました。
募集・管理
・管理内容はそのままに管理手数料を下げたい
・空室を改善したい
・入居者トラブル改善
・滞納トラブルの対処

募集・管理

修繕
・水回り、給排水のトラブル
・空室改善の為の効果的なリフォームはないか(和室→洋室、3点ユニット改善など)
・大規模修繕を抑えたい
・他社による高額見積もりを安価に抑えたい

修繕

税務対策
・所得税・相続税 シミュレーションして欲しい
・資産管理法人設立について
※専門の税理士の協力を頂きます。

税務対策

融資見直し
・金利が高い為、借り換えができないか
※専門の資格ある金銭貸借の媒介業者の協力を頂きます。

融資見直し

当社で「外装・内装・リフォーム」を承っております。空室の改善や修繕について気になる事は何でもお問合せください。当社の実績はこちらからご覧ください。
3.売却
売却か保有か慎重に
物件購入からこれまで経営を続けてこられた不動産における最後のご相談事としまして「売却」や「整理」がございます。オーナー様にとってはその物件に対する最後のお役目になるかと思います。

売却をすべきか、修繕を行い保有を続けるべきかご判断に迷う事もあるかと思います。
実際にいただいたご相談内容を4つにまとめました。

売却か保有か慎重に

(1)売却価格を査定したい


・公示価格、積算評価、収益還元評価を踏まえまして現実的な市場価格をご提示致します。

その上でオーナー様の売却希望価格、売却予定期間などを踏まえながら売り出し価格をご提示させていただいております。

(2)売却にともなう税金の確認したい


・売却益が出る場合には物件を取得していた期間によって税率が異なります。
・取得期間中に計上してきた原価償却費などの経費を踏まえたうえで専門の税理士を交えて総合的にシミュレーション致します。

(3)売却活動をお願いしたい


・情報非公開ご希望の場合には弊社の各お客様がたのみに売却活動を致します。
・各媒体(インターネット等)への広告掲載を無料で致します。
・売却依頼は一般媒介でお預かりします。

(4)買取依頼


・売却が難しい案件(借地、再建築不可、建物老朽化等)の買取依頼
・2、3日以内での早期買取の依頼

【買取実績】
当社の買取実績はこちらからご覧ください。

不動産買取拡大表示

買取実績一覧拡大表示

PageTop